View in English

e-土壌図 (e-SoilMap)

~ フィールドでの土壌調査効率化へ ~

モバイルアプリでいつでもどこでも即座に土壌図を閲覧できます.

現在地周辺の土壌図を衛星写真上で詳しく表示できます.さらに,地図上には自由にメモを作成できます.

iOS (iPhone/iPad) と Android に対応しています.

メモやファイルは複数のデバイスで共有できます.デスクトップ版 Google Earth と互換性があります.

メモには画像やPDFなどのファイルを挿入することができます.

クラウドストレージを使ってメモやファイルを他のユーザと共有できます.

e-土壌図 (e-SoilMap) とは

e-土壌図 (e-SoilMap) はフィールドでの土壌調査を効率化するモバイルアプリケーションです.ユーザは日本全国の農耕地の土壌図をいつでもどこでもモバイル端末上で閲覧できます.さらに,ユーザは地図上の任意の地点にメモ(写真やファイル)を追加でき,ユーザ自身にとって必要な情報を土壌図に付加できます.メモの情報はクラウドストレージ(Google Drive)上に保存することが出来,必要に応じて異なるユーザやグループと共有することが可能です.また,メモは KMZ (KML) 形式で保存され,Google Earth などといった既存のデスクトップ PC アプリケーションで同様に土壌図やメモが閲覧可能です.電波の悪いエリアでも土壌図の閲覧編集が可能なように,e-土壌図はオフラインでもほとんどの機能が使えるように工夫しています.

e-土壌図の有機物管理ツールでは、ユーザーは作物と有機物投入量を入力するだけで、土壌中の有機物の増減を予測することができます.なお,土壌中の有機物の増減予測にはローザムステッド・カーボン・モデル(土壌炭素動態モデル)と気象および土壌情報を用いています.

Google Earth 上で土壌図閲覧したい方へ:e-土壌図と同様に土壌図を Google Earth 上で閲覧するためには,Google Earth 用 土壌図ファイル (KML) を開く必要があります.こちらでダウンロードできるファイルを Google Earth で閲覧して下さい.

e-土壌図 (e-SoilMap) のダウンロード

連絡先・注意事項

  • ご質問・コメントやバグ報告等はこちらまでお願い致します.アプリ改善のために可能な限り対応致します.
  • e-土壌図は,(独)農業環境技術研究所の土壌情報閲覧システムで利用されている土壌データを使っています.
  • e-土壌図は利用者自身の責任によって行って下さい.e-土壌図の製作者は,e-土壌図(iOS/Android 版モバイルアプリとその関連データ)を利用することで生じた一切の損害について補償できません.